放射線治療の特徴|効率良く病気を改善する方法

医者

最新の樹状細胞療法

病院

がん治療の進歩は目覚ましいです。最近では3大がん療法である外科手術療法、抗癌剤を使用した化学療法、放射線療法の他にも免疫細胞療法が注目を集めているのです。免疫細胞療法は自身の免疫細胞を体外で培養し、再び身体の中にもどすことで患者さんの免疫力を向上させるという療法になります。がん患者さんの特徴の1つに免疫力の低下があります。免疫力が低下する原因としては、免疫細胞の減少が要因として考えることが出来ます。最新のがん治療である免疫細胞療法では、患者さん自身の細胞を使用するため拒否反応もおこしにくく安全性が非常に高いという特徴があります。この免疫細胞療法にはいくつかの種類があり、1つの種類として樹状細胞療法と呼ばれているものがあります。

樹状細胞療法は体内にもともと存在している、樹状細胞を使用する免疫療法になります。樹状細胞療法ではこの樹状細胞の機能を高めることでがん細胞をピンポイントで治療することを目的としています。樹状細胞療法の1つ目の特徴としては副作用が少ないという点です。これは自身の細胞を使用していることや、がん細胞のみを攻撃する免疫細胞を活性化させることが出来るからなのです。そして樹状細胞療法の2つ目の特徴としては、免疫力が持続する時間が長いという点です。樹状細胞には、がん細胞に目印をつける機能があります。そのため樹上細胞ワクチンの注入後も、リンパ球が目印を頼りに継続してがん細胞を攻撃してくれるのです。