放射線治療の特徴|効率良く病気を改善する方法

医者

放射線治療の仕組

CTスキャン

世の中には様々な種類の病気が溢れています。特に患者数が多いのががんです。がん患者の数はその他の病気と比べても多く、日々がん治療の研究が進められています。がん治療の種類は様々で、外科手術を用いるものや抗がん剤を使用した化学療法、放射線治療などが一般的です。これらの中でも放射線治療は骨に転移してしまったがんの痛みや、脳にがん細胞が転移してしまった状態を緩和させることが出来ます。

放射線治療のメリットとしては、外科手術の様に切除する必要がないという点や、臓器を残したままがん細胞を縮小させていくことが出来るという点があります。その他の治療方法に比べて、臓器の機能を失わずに治療を進めていくことが出来るのもメリットの1つです。放射線治療の副作用の発生には様々なパターンがあります。そのため治療を受ける際には医師としっかりと話し合った上で治療の流れや方法を決めましょう。治療の流れを決める際にはがんの進行具合や患者さんの体調、患者さんの希望などを加味することが出来ます。カウンセリングの段階で不安や疑問がある場合は、細かい所まで質問し納得する段階までもっていきましょう。

放射線治療の方法としては体外から放射線を照射する方法もあれば、体内からがん細胞や周辺部分にピンンポイントで照射する方法もあります。この外部照射と内部照射の選択に関しては、単体で行なうこともあれば2つを組み合わせながら治療を行なうこともあるため、医師に確認しておきましょう。

糖尿病の初期症状

看護師

糖尿病の初期症状を知っておくことで、早期に治療をスタートさせることが出来ます。小岩のクリニックでは多くの人が糖尿病の治療を受けています。早い内にクリニックを訪れて検査を受けましょう。

詳細を確認する

夜間診療の特徴を知る

看護師

浦安のクリニックでは、夜間診療や休日診療を利用することが出来ます。突然の病気や怪我の場合でも非常に安心です。ですが夜間診療を利用する際には、一般の診療費用とは異なる料金システムであるということを理解しておきましょう。

詳細を確認する

最新の樹状細胞療法

病院

樹状細胞療法は、最新がん治療における免疫細胞療法の種類の1つになります。副作用が少なく、免疫力を長い間持続させることが出来るというのがこの治療の特徴になります。

詳細を確認する